身体障害者補助犬の受け入れについて

  • ホーム > 
  • 身体障害者補助犬の受け入れについて

「身体障害者補助犬法」

「身体障害者補助犬法」

身体障害者補助犬法は2002年に成立し、身体障害者がお店や病院、交通機関など公共の施設を利用する場合に、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を同伴することができるようにするための法律です。

 

当院では、身体障害者補助犬法に則り、身体障害者補助犬の認定を受けた盲導犬・介助犬・聴導犬の同伴を受け入れております。
補助犬は特別に訓練された犬で、公共施設での同伴が認められています。院内で補助犬を見かけた際は、どうぞあたたかくお見守りください。

※補助犬以外の動物(ペットやセラピー犬を含む)同伴でのご来院はお断りしております。

身体障害者補助犬の受け入れについて

1.受け入れを行っている身体障碍者補助犬の種類

盲導犬 目の見えない人、見えにくい人が安全に歩けるようにサポートします。
白または黄色のハーネス(胴輪)をしています。
介助犬 身体が不自由な人の日常生活に必要な動作をサポートします。
“介助犬”と書かれた表示をつけています。
聴導犬 音が聞こえない、または、聞こえにくい人に生活の中の必要な音を知らせます。
“聴導犬”と書かれた表示をつけています。

1.受け入れを行っている身体障碍者補助犬の種類

2.補助犬を同伴して来院される方へ

ご来院の際は「身体障害者補助犬健康管理手帳」や「身体障害者補助犬認定書」をお持ちください。必要に応じて、「身体障害者補助犬健康管理手帳」や「身体障害者補助犬認定書」を確認させていただく場合や予防接種の有無について確認させていただく場合がございますのでご了承ください。

3.補助犬を見かけたら

補助犬は同伴者のお手伝いをするという大切な仕事を担っています。触ったり、声をかけたり、気を引いたりせずに、静かにお見守りくださるようお願いいたします。
犬アレルギーや犬が苦手な方、その他何か問題があれば遠慮なく、お近くの職員にお知らせください。

3.補助犬を見かけたら

  • 歯周病治療当院の歯周病治療についてご説明しています。
  • 予防歯科・定期検診患者様のお口の状態に応じて最適な予防ケアをご提案しています。まずはご相談からお気軽にどうぞ。
  • インプラント・入れ歯歯周病により顎の骨が溶けて歯が抜け落ちてしまったら…インプラント・入れ歯治療が有効です。
診療予約はこちらから当院は予約制です。診療予約はお電話にて受け付けています。